確認・同意事項 Confirmation and Agreement

 受講にあたって

Please check before taking lessons.

 

1.高齢の方もしくは健康に自信がない方は、事前に医師の診断をお受けになり、

健康状態を確認の上ご参加ください。

If you are worried about your health, please consult with your medical doctor before you participate.

2.未成年、高齢者はご家族の同意の上ご参加ください。

If you are minor or elderly, please have your family’s consent before you participate.

3.ご自分の体調が不調と感じたときは、担当教師もしくはスタッフまでお申し出ください。

If you feel ill or uncomfortable about your health, please consult with your instructor or ski school stuff.

4.ご自分の技術レベルに応じた用具をご使用ください。また、スキー締め具は適正な前圧、開放強度に調整されているか確認してください。

Please choose your equipment that of your skill. Also, adjust your binding accordingly.

5.ウェアー、ヘルメット、帽子、手袋は保温と保護のために、サングラス、ゴーグル等は紫外線と寒さから身を守ると同時に視界確保のために、専用の服装、装備品を正確に着用してください。

Skiwear, helmet, hut, and gloves are for your warmth. Sunglasses and goggle protect you from UV and reserve your visibility. Please equip your self that is suitable for winter condition.

6.安全のため講習中は担当の教師の指示に従い、ふざけたり勝手な行動は慎んでください。

Please follow instruction from your instructor for your own safety. Acting selfishly or foolishly cannot be tolerated.

7.滑走にあたってはスキー場内の標識、パトロールの指示、場内放送に従ってください。

Please follow the sign designated in the ski area; also follow instruction from ski patrol and public speaker.

8.スクールでは安全確保に努力いたしますが、参加者の過失と思われる事故に対しては全責任を負うものではありません。

The ski school will make all the effort for the safety, however we will not be fully responsible for the accident that is due to participant’s fault.

9.万一の事故に備え、ご自分の傷害、そして相手方のために保険に加入することを

おすすめします。

We highly recommend you to join insurance in case of accidents.

10.自然状況により雪上講習を中止し、屋内のミーティング等に変更する場合があります。その場合、料金の払い戻しはありません。

Depending on natural condition, we may stop on-snow lecture and switch to indoor lecture. There will be no reimbursement in such occasion.

 

■スノースポーツに内在する危険

Dangers inherent in snow sports

スノースポーツには内在する以下の危険がある。

Following are dangers inherent in snow sports.


① 降雪・吹雪・降雨・濃霧など天候にともなう危険
ホワイトアウト(天候の具合で雪面の高低や凹凸が分かりにくい状況)を含む

Dangers posed by irregular weather conditions such as snowfall, blizzard, rainfall and dense fog, including whiteout (a condition in which visibility and contrast are reduced by snowy weather).


② 崖・急斜面・溝・沢など地形に伴う危険

Dangers posed by particular land conditions such as cliff, steep slope, ditch and mountain stream.


③ アイスバーン・深雪・クレバス・雪崩など雪質や雪面の状態による危険
ツリーウェル(樹木の傍に空いた深い穴)、ツリーホール(春先など雪解けにともない樹木のまわりに 露出した地面)なども含む

Dangers posed by snow quality and snow surface conditions, such as icy slope, deep snow, crevasse and avalanche, including a tree well (void around the trunk of a tree enveloped in deep snow) and a tree hole (ground exposed around a tree following snow melting in early spring).


④ 立木・切り株・茂み・岩石・露出した地表・水路など自然の障害物による危険

Dangers posed by natural objects such as a standing tree, a stump, thicket, rocks, exposed ground and waterway.


⑤ リフト支柱・人工降雪設備・標識・ロープ・マットなど人工の工作物との衝突による危険

Dangers posed by collision with artificial objects such as a support pillar of ski lifts, a snow-making facility, signs erected on ski grounds, ropes and mats.


⑥ 雪上車両との衝突の危険

Dangers posed by collision with snowmobiles.


⑦ スノーパークの利用にともなう危険

Dangers posed by the use of snow parks.


⑧ スキーヤーのスピードの出し過ぎによる危険

Dangers posed by excessive speeding by a skier.


⑨ 自己転倒による危険

Dangers posed by fall of a skier.


⑩ 他のスキーヤーとの衝突による危険

Dangers posed by collisions with other skiers.


⑪ 疲労・飲酒・薬物・体調不良による危険

Health risks due to fatigue, drinking, drug and poor physical conditions.


⑫ 不適切な用具の使用などによる危険

Dangers posed by the use of inappropriate ski gear.


⑬ その他、これらに類する危険

Dangers posed by other conditions similar to those listed above.

 

 

■国際スキー連盟の(FIS)の行動10か条

10 FIS RULES FOR CONDUCT

スキー・スノーボードには、さまざまな特有の危険があり、特にスピードを伴うことから、めいめいの行動には、自分自身の事故防止と他の人の安全に対して責任があり、注意義務が求められる。

(財)日本鋼索交通協会、(財)全日本スキー連盟、(社)日本職業スキー教師協会、全国スキー安全対策協議会、日本スノーボード協会


Japan Funicular Transport Association, Ski Association of Japan, Ski Instructors Association of Japan, National Ski Safety Measure Council, Japan Snowboarding Association

1他人の尊重

Respect for others

他人を傷つけたり、おびやかしたりしてはならない。

A skier or snowboarder must behave in such a way that he does not endanger or prejudice others.

2スキー・スノーボードのスピードコントロール

Control of speed and skiing or snowboarding

地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を 避けるために止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。

A skier or snowboarder must move in control. He must adapt his speed and manner of skiing or snowboarding to his personal ability and to the prevailing conditions of terrain, snow and weather as well as to the density of traffic.

3滑走ルートの選択

Choice of route

前にいる人の滑走を妨害してはならない。

A skier or snowboarder coming from behind must choose his route in such a way that he does not endanger skiers or snowboarders ahead.

4 追い越し

Overtaking

追い越すときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。

A skier or snowboarder may overtake another skier or snowboarder above or below and to the right or to the left provided that he leaves enough space for the overtaken skier or snowboarder to make any voluntary or involuntary movement.

5進入・スタート・上方に移動するとき

Entering, starting and moving upwards

滑り出すとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。

A skier or snowboarder entering a marked run, starting again after stopping or moving upwards on the slopes must look up and down the slopes that he can do so without endangering himself or others.

6 コース上での停止

Stopping on the slope

コースの中で座り込んではならない。せまい所や上から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。 転んだときはすばやくコースをあけなければならない。

Unless absolutely necessary, a skier or snowboarder must avoid stopping on the slope in narrow places or where visibility is restricted. After a fall in such a place, a skier or snowboarder must move and clear of the slope as soon as possible.

7徒歩での登り降り

Climbing and descending on foot

登るとき、歩くとき、止まるときは、コースの端を利用しなければならない。

A skier or snowboarder either climbing or descending on foot must keep to the side of the slope.

8シグナル(標識)やマーキングの順守

Respect for signs and markings

掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキーパトロール・スキー場係員の指示には従わなければならない。

A skier or snowboarder must respect all signs and markings.

9 援助

Assistance

事故に出あったときは救助活動と通報に協力しなければならない。

At accidents, every skier or snowboarder is duty bound to assist.

10確認・証明

Identification

当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければ ならない。

Every skier or snowboarder and witness, whether a responsible party or not, must exchange names and addresses following an accident.

スクール情報

18雪の教室 参加者募集 冬休み

冬休みのコースレッスン「雪の教室」は参加者を募集します。 景色抜群のサッポロテ...

続きを読む »


2018 インストラクター・アシスタント募集

スキーやスノーボードに情熱があり、指導してみたい方を募集 ! 1 インストラク...

続きを読む »


ホームページ更新 updated for 2018

2018シーズン用にスクールホームページを更新しました。 高い山に初雪も降り、...

続きを読む »


»一覧表示

イベント情報

10/6~12 三浦豪太ヒマラヤ日記②

三浦雄一郎代表と共にヒマラヤにトレーニングに行っているゴンちゃんからトレーニング...

続きを読む »


Bravo ski vol.2

ブラボースキー  vol.2 が届いた。今回も素晴らしく綺麗な写真の数々。 4...

続きを読む »


9/27~10/5 三浦豪太ヒマラヤ日記①

来年のチョー・オユー挑戦へ向けて、高所トレーニングの為に先月9月26日に ネパ...

続きを読む »


»一覧表示

夏季トレーニング関係

夏季トレ報告#31 最終回

周りの紅葉が見ごろで、きれいな秋晴れの中開催しました。日差しはあるものの、風が冷...

続きを読む »


夏季トレ報告#30

薄曇りで蒸し暑さのある中開催しました。 ウォームアップ後、ハイランドまでランニ...

続きを読む »


»一覧表示

スクール受付

〒006-0049 
札幌市手稲区手稲金山172
サッポロテイネハイランドゾーン
TEL011-685-7052

株式会社 ミウラドルフィンズ札幌
〒064-0807 
札幌市中央区南7条西2丁目1第二リバーサイドMS−811
TEL 011-596-8057
FAX 011-596-8067