2017/10/23

2017秋 ヒマラヤトレーニング総括  三浦雄一郎

85歳の誕生日をナムチェバザールのサクラロッヂで迎えた。
ここはシェルパ達の古い町、標高3400㍍の高所にある。町といっても急なスリバチ状 の斜面に、まるで棚田ようにロッヂや土産物屋などが並び、今ではバーやネットカフェ、レストランなども次々と増えている。私達はもう30年近くこの町をベースにし てエベレストや近くの高峰にチャレンジしてきた。このナムチェに伝説的な名シェルパ、ラクパ・テンジンの自宅を兼ねたサクラロッジがあり、私達の定宿になっている。ナムチェの知り合いに「誕生パーティーをサクラロッヂでやる」といったら15人 ほど集まってくれた。その中に1953年のヒラリー、テンジンが人類で初めてエベレス
トへ登頂したときのわずかな生き残りのシェルパ、カンツァ・シェルパもわざわざ来 てくれ、さらにこのあたりのソロクーンブ県の女性副知事、レストランやホテルの オーナー達、そして日本からトレッキングに来ている知人の牧野さんご夫妻、大歳さ んご夫妻など<豪太会>の皆さんを含めて30名近いパーティーになった。サクラロッジの女将さんからお祝いにラクパ・テンジンの民族衣装を帽子ごとプレゼントされて 着てみる。
85歳…いつのまにこんな歳になっていたのだろう。そしてこうなったらとりあえず 90歳までどうやって生きるか ~ 相変わらずのほら吹きの性分で、90歳になったら またエベレストに登りたい、なんて言っているのだが。
半年前の今年の春(4&5月)も今回同様トレーニングにヒマラヤに来ていた。春は どうしたわけかスキーシーズンが終わってぼやぼやしているうちに、血圧が200~ 180、心拍は平常時でも110~90、高血圧、心脈頻拍と体調不良。ネパールに着いたと きはどうなることかと思ったが、取り敢えず「年寄り半日仕事」でゆっくり一週間ほ ど時間をかけてトレッキングをしてヘトヘトになってナムチェに辿りつき、それから 少しづつ体調が良くなっていった。山岳医で私の主治医でもある大城和恵先生が同行 してくれて、血圧や心拍を測り、こまめにアドバイスや薬をくれたおかげで、その後10日くらい山歩きをしているうちに血圧も心拍もだんだん正常に戻った。やはり「俺には山が一番のホスピタルなんだ」と思えた。
そして今回のネパール山行。前回のトレーニングのおかげもあり、日本を出る前からなんとなくうまく行けそうだという予感があった。さらに出発前の数週間、民放テレビの健康バラエティー番組に、デヴィ夫人や中高年のタレントさん達のたちに交じって出演。その取材で「いつもやってます~」というわりにはサボっていた、ヘビイウォーキングなどを番組用にやったり、行きつけのステーキハウス(CHACO)で肉を1㎏食べたり・・・これが良かったのか、今回のネパール入りは始めから好調 だった。予定より2日早く歩いてナムチェにたどり着く。
もっともヒマラヤを歩いている全てのトレッカー達に追い越されているが、焦らずあわてずマイペースで、登りは1時間250の㍍の登高スピード、こののんびりペースが良かった。トレーニングあいまの休養日でも夕方になったらゆっくり、1~2時間ぐらいかけてナムチェからシャンボチェまでの急な坂道を登っていた。
標高が高いところで行動しても、なぜか心拍は気持ちよく毎分130~100ぐらいでうってくれている。まだまだ脚力の強化は不十分ではあるが、今年6月に鹿屋体育大 学の山本正嘉教授に体力測定をうけたときは、筋肉量、特に腿の筋肉量は現役のラグビー選手なみと言われた。質はともかく筋肉量だけはたっぷりある。これからのトレーニングで心肺機能と筋肉の質が向上してくれればいうことはないのだが・・・。
ともあれ今回のナムチェキャンプでのトレーニング作戦は大とまでいかないけど成功だった。体重も約3㎏減った。ここからがいよいよ来年の9~10月、チョー・オユー スキー滑降に向けての出発点だ。何とか身体を鍛えなおしてやり遂げたいと思う。
2018年はチョー・オユーに向けて、まず7月に南米に行って標高2500㍍~4000㍍の アンデス山脈にあるスキーリゾートや高峰に登りスキーのトレーニングをする予定だ。南半球でのスキーが楽しみ、思う存分滑りまくってみよう~。
85歳はこれからだ。
そして88歳になったら何か面白いことをやってみたい。さらに90歳…
夢いつまでも~
三浦雄一郎


コメントを行う

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

スクール情報

新企画 「大人の選対レッスン」 1/21

マスターズ技術選を目指す方を対象にした「大人の選対レッスン」開催します。 大会の...

続きを読む »


なまら楽しいニセコモイワパウダーセッション

今年も開催します「ニセコモイワパウダーセッション」。 今年はニセコの当たり年? ...

続きを読む »


Fullmoon ski to 千尺

今年もやります「Fullmoon ski to 千尺」。 お月さまの都合で、今年...

続きを読む »


追加企画 谷藤SIAデモ レッスン♯2

好評につき、谷藤昌司SIAデモによる特別レッスンを追加で開催します。 ご希望の方...

続きを読む »


デモレッスン 谷藤昌司

谷藤昌司SIAデモによる、熱意溢れる特別レッスン、1月3日開催します。 テーマ...

続きを読む »


»一覧表示

イベント情報

旧スクールウェアー販売

スクールの旧ウェアーを販売いたします。 12/23  スクール会員先行販売 ...

続きを読む »


Bravo Ski Vol 3

先日、Bravo Ski  Vol3が届いた 2月に迫ったピョンチャンオリンピ...

続きを読む »


»一覧表示

夏季トレーニング関係

夏季トレ報告#31 最終回

周りの紅葉が見ごろで、きれいな秋晴れの中開催しました。日差しはあるものの、風が冷...

続きを読む »


»一覧表示

スクール受付

〒006-0049 
札幌市手稲区手稲金山172
サッポロテイネハイランドゾーン
スキーセンター3F
TEL 011-685-7052 (9:00~16:00)

株式会社 ミウラドルフィンズ札幌
〒064-0807 
札幌市中央区南7条西2丁目1第二リバーサイドMS−811
TEL 011-596-8057
FAX 011-596-8067